Vespa LX125のブレーキパッドを変えます

Vespaはきっと街中をトコトコ乗るのが本来の楽しみ方だと思います。
だからLX125はフロント11インチ リア10インチという、オモシロタイヤなんだと思います。

さて本題。タイヤのグリップと一緒で、ヤマンボより効かないフロントブレーキが危ない気がしまして、もうちょっとだけ効いてほしくなったからマロッシの62 9144 ブレーキパッドMHR(赤)を購入。

片もちサスなのでもしかして交換するのってコツとかいるのかしら?? などと思いながらとりあえずホイールをはずすとあら不思議。 死ぬほど簡単。

結果からいくとホイールの5本 キャリパーサポ部分2本 計七本とEリングをはずすために小さいマイナスが一本で作業時間10分少々って位簡単なのでご紹介。

lx125-brakepad01.jpg
lx125-brakepad02.jpg

以上、終了。 注意するところ? ジャッキかけるよりハンドル持ち上げたほうが傷はつかないと思います。 位?(笑

パッド交換までは、めんどくさがるまでもなかったという…

そこそこ効くようになりました。 欲かいてもうちょっとえぐいパッドにしてもよかったかもしれません。
(ディスクが削れていくといううわさをお聞きしてやめときました)

とりあえず次はライトスイッチについて書いてみようと思います(ET4と共通です)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。