CONTINENTAL RACEKING 26×2.0

MTBをマウンテンバイクとして活用するにはまず街乗りから卒業せねばなりませぬ

ということで用意したのがこちら

Continental(コンチネンタル)Race King Ⅱ Perfomance

26×2.0サイズを探していました。 私の使っているMAVIC CROSS RIDE UBは最大2.05まで推奨と書いてありましたので、一応、2.1にはせずに2.0で止めてみました。

触った感じブツブツはそこまで硬くないんですが、MadeinCHAINAの文字を発見してしまったとたん、嫌な予感がしましたw

2本セットでこの価格でチューブレスレディならば全然買って試す価値アリ。

Race King Performance 仕様とウリ文句

低い転がり抵抗、良好な自己制動、軽量化によりすべてのレースバイク
に適した選択肢となります。
高品質の3層TubelessReady対応ケーシングのおかげで、
優れたパンク防止機能を備えています。

ピュアグリップコンパウンド

BlackChili Compoundの次にランクされたコンパウンドで、ロードバイクとマウンテンバイクの両方に使用されています。
高いグリップを発揮しながらも、耐久性があります。

《仕様詳細》
2本セット
PureGrip Compound /Perfomance
フォールディング(折りたたみ可)/チューブレスレディ対応
サイズ・重量:
26×2.0(50-559) 555g
26×2.2(55-559) 600g
27.5×2.0(50-584) 580g
27.5×2.2(55-584) 630g
29×2.0(50-622) 605g
29×2.2(55-622) 660g
※カタログ値(1本)

って書いてあったよ。

で、実際はどうなのかって

アマゾンのインプレに書いてあったよ?カタログ値なんて大嘘だって。

うん、その通り630gもあったよwww 覚悟と予想はしてたもののチューブレスレディの魅力でポチりました。

うまいことうっかりチューブレスにできたら別にいいじゃんって思ってチャレンジすることにしました。

チューブレスバルブ突っ込んで、得意のエアコンプレッサーとこの部品使ってサクっと耳あげてみたら少し漏れる。。。 ならばとリムテープ巻いてシーラント入れてみたら大丈夫そうなので数日様子見てみます

  

とりあえずうまいことチューブレス化成功しました

次はフロントサスペンションか、どろっぱーシートかwww

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする