Home > KATOKICHI > 実は・・・

実は・・・


こんにちは。

S-1 GP 推進のために、ワタクシKATOKICHIのマスンの秘密を暴露してみようと思います。
えらそうに言うことでもないんですけども・・・^^;

ぷらいべーたーでありますワタクシのマシン制作は!

基本 ポン付けできるものを探しちゃう! しかも素組み! 

ばっかりです。

だから車両はパーツの多いヤマハです、だからちょっとばかり高かったんですけど2fastキットなんですね。
たとえば、RSシリンダーとか入ったエンジンを積んでみたこともありました、でもそれって誰でも簡単ってわけにはいかないと思うし。。。
(それはパーツの少ないスズキ車の方のとっておき手法かなと勝手に思い込んでおります。)

だから発電させてて、ハーネスもフルに残してて、ウィンカーとライトのカプラーくっつけるとそのまま街を走れる仕様なんですねー

自分でもいまだによくわかってないんですが、一緒に走ってくれる人がいなけりゃレースにもならないし、つまらなくなっちゃう気がします…
専門的な知識がなくてもそれなりに走れるんだよ? 的な感覚なのかもしれません。
キット素組みとかを選択しちゃうのはそういうことなんだとおもいます。(キット内容はヤマハは十分エグいのあるんで)

もちろん2fastの場合、クランクウェーブとシリンダー座面とスカートが入る分のケースボーリングは必要でした、少しだけポートは削りましたが、基本はキットそのまんまだったりします。
説明書には何ミリ削ってねとかちゃんと書いてあります。(イタリア語だけど数字は読めるっw)
これならモトクエストさんやボーリング屋さんにも頼めるし、誰でも真似できますね。

また、どうなったら早くなりますか? 
なんてたまーに聞かれますが、、、駆動なんて完全ポン付けですので駆動の理論・・・ わかんないんですごめんちゃい。状態だったりもします(笑

僕がせいぜいわかることと言えば、調子の良しあしと大体ここらへんだよね、たぶん。とか自分の経験したトラブルくらいです。

サスについてはフロントはステム打ちかえのみであとは全部ポンですし、リアはライナー入れてシグナス用のホイールを5DAエンジン用につけてますけど、それって別にあってもなくても的な?自己満足の世界っていうか。。。w
サスペンションも自分の重さと好みに合わせて勝手に満足、ヌケたまま1年以上出場しちゃってたりして、自分もヌケてたりするレベルです。。。

それでも僕なりの楽しみって一応あるもんで、早い人と走ったり、アドバイスもらったりして自分のマシンのこの辺もうちょっとこうしたら良くなるのかも?とか探ってみて、結果がでるといやっほーい ってなったら楽しいじゃないですか。
僕はそれで十分楽しいです。

真剣にレースに取り組んでる方々にはなんか雑で申し訳ないんですケド、これで飯は食えない以上、後悔のないよう、あんまり迷惑かけないように楽しませてもらってます。

だからきっと、その気になれば誰でも参加できる、とっても間口の広いレースだとおもうんですよね、S-1GPって。
しかもマシンについて、その道のプロの方々がいっぱいいるのもいいところで、ここもっとこうしたいんだけどおせーて?偉い人って聞けば普通に教えてくれちゃったりします。
腕試しもできて、マシンづくりのコツもつかめて友達もたくさんできちゃう、その辺もS-1 GPらしいとても良いところだと思います。

ちゃんと自分のマシンのレベルに合わせたクラスもあるし、レースなのにピットはいつも和気あいあいです、こんな楽しいレースってば他にはたぶんないと思います。

S-1GPの1ファンとして、これからも開催されつづけていくこと、もっともっといろんな方々にお会いできて仲良くなれることを楽しみにしています。

最後に一応、自分の勝手な思いなんで読んで気を悪くした方がいらっしゃいましたら申し訳。

KATOKICHIヨリ

いやーん はずかすぃー☆

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://gjog.jp/wp-trackback.php?p=294
Listed below are links to weblogs that reference
実は・・・ from GRANDJOG100 制作日記

Home > KATOKICHI > 実は・・・

カレンダー
« 2017 年 12月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。