中華ビッグプーリーの純正との違いを体験

なんかチェーンだるんだるんになるなーって思ったらさ。

プーリーを後ろに引っ張るバネが外れちゃう症状が出てたwww

バネが穴から外れてしまうので、これは困ったなーということで一度純正に戻します。 バネ等は純正を使うのですが、純正のプーリーはえらいテンションかかるのに、ビッグプーリーはでかいからかな?一番張ってもなんだかテンションがゆるい感じにになります。

そうやって抵抗を減らしているのでしょうかねぇ。

それとおそらくこのプーリーは28Tまでしか使えなさそうです。Bテンションを張っても超ギリギリで厳しいですもの。

こんなにちがうもの。

てなわけで純正に戻したらチェーンの張りは戻ってきたものの、やはりちょっと重くなりました…

よく見たら純正バネの先っぽがわずかにナナメになっているのを修正してもう一度組んでみました。

やはり抵抗、変速すぱっと決まるようになりますね… 中華スペック侮れない。

軽さは体感できるほど変わります。なんならこれで十分な気がしました。が、修正したバネ。それが吉と出るか凶とでるかは後日。 一応、純正パーツはこれになります。

これでもダメならRD9000から卒業を視野に入れますw

RD-9000 プレートジククミ Y5XX98060

これ使ったことないけど、これなら32Tまでいけるとか書いてあるね

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。