PEARL IZUMI コーティングロングシューズカバー

ワタシの周りはみんなつけていた。 それ必要?からつけてみようかなに変わってきたので買ってみました。

PEARL IZUMI コーティングロングシューズカバー

冬ですし。足先は今でも特に寒くもないんですけどね。 去年のセオフェスでずぶぬれになった靴のことを考えるとあってもよさそうな気がしました。なにより空気抵抗が減るらしいんだよね。

商品の説明

商品紹介

コーディングシューズカバーに丈が4cm長いモデルが登場。ポリウレタンコーティングの素材が空気抵抗を軽減して、走行をサポート。ロードレースやトラック競技はもちろんのこと、通勤など日常の走行にも、多目的に活躍。長丈ソックスに合わせてスタイリッシュにコーディネート。

ブランド説明
1950年に誕生した日本のサイクルウェアブランド。世界のトップアスリートと磨き上げる製品クオリティをすべてのサイクリストのために。「作り手であり、使い手である」というモノづくりの精神を原動力に、ジャパンブランドならではの優れた品質、日本人体型に合わせた幅広いサイズ展開、日本の気候を熟知したプロダクトをラインナップする。テクノロジー、理論、数値だけでは決してたどり着けない着心地や肌触りといった快適性を追い求め、サイクリストの理想にインスピレーションを与え続ける。

ブランド紹介

1950年に誕生した日本のサイクルウェアブランド。世界のトップアスリートと磨き上げる製品クオリティをすべてのサイクリストのために。「作り手であり、使い手である」というモノづくりの精神を原動力に、ジャパンブランドならではの優れた品質、日本人体型に合わせた幅広いサイズ展開、日本の気候を熟知したプロダクトをラインナップする。テクノロジー、理論、数値だけでは決してたどり着けない着心地や肌触りといった快適性を追い求め、サイクリストの理想にインスピレーションを与え続ける。

  • メイン素材: ポリエステル
  • 素材構成: ポリエステル80%  SPANDEX20%
  • ポリウレタンコーティング加工
  • SIZE:XL-3L (メーカー表示サイズ:27cm~29cm)
  • SIZE:M-L (メーカー表示サイズ:24cm~27cm)
  • 洗濯ネットに入れて30℃以下で洗濯
  • タンブラー脱水はだめだゆ。

ていうことらしいのです。


さっそく履いてみる

パールイズミのロゴが外側横に入っています。左右は簡単にわかります。

かかと側にジッパーがついているのではきやすいです。

クリート部分とかかとにはこのように穴が開いていますので破けないで済みそうです。

軽くてよく伸びて、つるっとしています。

 色も5色展開してるみたい

実際走ってみて

気のせいなのかな? なんかはっきりと軽く感じるんですけど…

・・。ほんとかな? おととい走ったばかりだからかな?

よくわかりませんが今日は脚がとても軽く感じました。一人で40㎞巡行しばらくできましたもの。 貧脚なワタシ的新記録です。

そしたらこんな記事を発見 この人の記事の下の方、 海外のACTIVEのサイトに、40キロ個人タイムトライアルにおいてエアロ装備をした場合のタイム削減データですって。
標準チューブTT自転車とエアロチューブ自転車の差よりシューズカバーの差のほうがでかいとか書いてあるし、マジすか?
データ的に立証されているからみんなつけているということなのならそっか、効果はホントなんですね~

と、まじまじとこの方の記事を読みふけっていたらエアロフルメットほしくなるやつじゃんかwww

ということで、いつかもっと長く使ってみたらもっとよくわかるよね

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする