駆動さん! ちゃんと動いてください!

LX125ってさ、ノーマルだと50㏄の原付より出だし遅いんですよ。
正直国道2車線まっすぐ~ って感じの交差点の先頭に行っちゃったら後ろの車が迷惑なくらい。

余裕のパワーでスモールボディの”もだんべすぱ”でゆったり走りたい。

そうしていじくり始めてしまったわけですが
ケースを開けたらあら大変。

変速中ベルトケースの上下に直撃中。

出だしがウンコなのも納得のベルトの落とし込み。クラッチ側なんて全然端っこ行ってない。
こりゃーダメっしょ。ということで、まずはケースのベルトが当たる部分をニコニコさんちで削ってもらいまして。

lx-case-belt1lx-case-belt2lx-case-belt3

次に去年から放っておいたコレ。
lx-spring-slider1lx-spring-slider2
黒いのは純正。その上からマロッシのトーションコントロールって言ったかな、挿入してみた。
もしかしたら純正の黒は外しちゃってもいいかもしれませんけど。
どちらも試す暇はないのでとりま放り込んでみる。

lx-delta-nut
デルタクラッチの錘を外してナットにしました

走ってみました。 クラッチが滑っているからなのか、トーションコントローラーのせいなのかとってもマイルド仕上げ。 玉を少し軽くしてみたりしたけどトルク感がなくなりました。 ちーん。
後日まずは錘を戻そう。うん、そうしよう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。