LX125 H.I.D うっすらぴっかりさー

さ、どんどんおかしい方向へ向かいだした私のvespa LX125

今回は暖かい春の夜道もうっすらとしか照らしてくれないLXのライトをHIDにしてやろうと思います。

LX125につく Xenon HID H4コンバージョンキットがあったんで玉買うついでに輸入してみました。

Xenon HID H4 Conversion Kit
説明書風スンゲェ簡単な配線図が付属 ステーとか付属してるけど、どこにどうやってつけるとか一切書いてないぜぇ ワイルドなキットだぜぇ~

しかも、私のVespa 開けてみたら H4じゃなくてBA20D ・・・orz
仕方ないから自力でどうにかするぜぇ? (今はワイルド スギちゃんが楽しいんでw)

今更HIDなんて誰でも付けれるだろうけど、ま、一応メモということでひとつ。

lx125-f-fairing1エンブレム取ってねじ合計3つはずして。

lx125-f-fairing2ここも3つとるとこの部分がごっそり取れます

lx125-f-fairing3ここは10か所、片側3本のモールのまんなかにねじ隠れてる。私のにはなぜかついてなかったけど真中のステップにもねじついてるのかも。で、ここをバッテリーまでのハーネスを一本通していきます。

lx125-f-fairing4ここはバッテリーカバーいれて6本のねじをはずして+端子にハーネスを接続ね。

lx125-f-fairing5純正のライトのゴムカバーを使って…

lx125-hid2H4だけど押さえる金具とかパーツとかないもんで、純正ラバーをくり抜いてぴったりはめて押さえてみた。最終的にはメーターがさらに裏から押さえてくれるからとりま大丈夫みたい(いい加減に対処したよ)

lx125-hid1ここに付属のステー使ってバラストとリレーとか入れてみた

lx125-hid3左(純正ハーネス)から黒がGrand 茶色がLo 紫がHi HID側がオレンジがGrand 白がLo 青がHi

vespaH4toHID-BA20D

H4じゃなくてBA20Dだからということで配線ちょん切ってギボシで接続。一応後で戻せるように少しハーネス残しつつ接続しておいたけど、あんまりやりたくないよね。

で、バーナーを収める前に少しの間空焚きすると、バイクのレンズが曇らないでくれるらしい…です…


ピッカリでニッコリ。あはん♪

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。