JOG ZRにGRANDAXIS100エンジンを載せる方法

小僧もびっくり自分でもびっくり、ラ改造のまとめ。JOG90エンジンじゃなくて、100をのせる物好きへの道を進みたい方はドゾー

JOG-ZRにGRANDAXIS100のエンジンを乗せる方法をまとめちゃいます。

  1. 電気が違います

    90と100は共通の太い軸のクランクになるため、ローターを90用にして50ccについているローターベースを使うのが一番手っ取り早いです。ポン付けです。 ハーネスの加工や入れ替えよりも50のままデジタルCDIを入れてもそんなに効果は変わらなかったのでセッティングをツメる!という方以外は特に気にしなくてよろしいかと。何せハーネス入れ替えはメインキーの配線で戸惑うかとおもいます。
  2. リアサスのマウント場所が違う


    リアサスは短いものが必要になります。ビチューボ222mmやKN企画さんから出ているスワップ用サスにするか、独自にマウントを作る等の加工が必要になります。そしてフレーム側のマウント部分が約1本分外にずれますのでお手軽にロングボルトで行くか、溶接で増やすか、どちらにせよ選択する必要が出てきます。
  3. アクセルワイヤーが2本引きだったり、オイルポンプにワイヤーが必要だったり。

    これは車種や年式によるとおもいます、ノーマルキャブを使う場合ならそれに対応するアクセルワイヤーを入手したほうがいいです、KNさん等で売っています。 

    100エンジンは1型は写真のようにワイヤー式、2型以降は電磁式となっていますので、100エンジンのを取っ払って50のをそのまま入れる人も数多くいるようです。
    ポンプ入れ替えの場合、ケースによってはボルト穴が片方しか止まらない場合があります。私が実験したわけではないのですが、50ポンプでもオイルの吹き出し量的には全然問題ないらしいです。 
  4. エアクリーナーのボックス・リアフェンダーがカウル・フレームに当たります。

    純正の形を目指す人はカットしたりして加工するか、JOG系のものに入れ替えてしまうかのどちらかになると思います。その際3KJのジョイントに変えたほうが太い分、ちょっとだけパワホーな感じですタイヤは12インチのままいくならリアフェンダーにあたるので加工が必要になりますね。

とりあえず乗せ換えについて、起きる問題と対策方法をざっとだけまとめてみました。
すべては皆さんの情報交換・協力によってできたものですので、これからチャレンジする方の参考になればこれ幸い。(久しぶりに書いたら疲れちゃったス)