ドロッパーシートポストをつけてみる

MTBにドロッパーシートポストをつけてみることにしました。こないだ幕張海浜公園楽しかったけど、みよーんって伸び縮みさせつつダウンヒルやってみたいからw なんかそういう激しめなのスキなんだよね。なぜか。

Kind Shock KS E20

30.9x425mm Remote Dropper Seatpost Travel 125mm, ST1855

座ったままレバー押すと縮んで立った状態でレバー押すとみよーんって伸びるシャイなあんちくしょう

ワイヤーは長めに組んでるものがついてくるけど片側ねじ止めシフトワイヤーなのでアウターケーブルを外したフロントディレイラーのところに這わせて短く設定して装着。

こんな感じにフレーム内ではなく外で這わせるタイプのモノがこのMTBにはちょうど良かったです。

思ったよりゆっくりだけど確実にすーっと伸びます。

この仕組み特許とってるらしいです。

メーカー仕様

– Diameter : 30.9mm
– Length: 425mm
– Insert length: 238mm
– Travel: 125mm
– KGP polycarbonate remote and cable/housing included
– Integrated 2-bolt saddle clamp
– Weight: Approx 630g
– Color: Black anodized mast and head w/ hard anodized stanchion (as pic. shown)
– Made in Taiwan

ついでにフロントだけフェンダーもつけときました。土が顔面にハネてくるんだもの。

と、ここまでやったらフレーム塗りたくなってきました。やばみ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。