イグニッションコイルとオイルの交換

ねじの一本すらはずさないで700kmほど走ったところでそろそろいいかな?と、
オイル交換をしたら真っ黒なオイルがこんにちは…

以前、シグナスに台湾ボアを入れたらアイドリングが不安定でしょうがなかったのが300V+ミリテック1という組み合わせでピタリと安定したのを思い出したので、今回もバスクリン色でめちゃくちゃいいニオイのするモチュール300Vと、ミリテック1の組み合わせでOIL交換です。
パワー的な体感なんぞホント微々たるもんなんで、なんか軽くフケるような気がするようなしないような程度ですけどね。

ふと思い出したようにベスパのコイルとKN企画さんから出ているコイルの形状がとても似ていた気がするので注文。マユツバ万歳。
lx-coil-01.jpg
やはりコイルの形状がLX125と完全に一緒なので完全ボルトオンですが、純正プラグ&キャップはダルマが付いているタイプで、KNさんちのはダルマじゃないものなので、純正にさし変えました。
コードの長さも長過ぎるのでちょっと切りました。

純正のキャップはすぐ死ぬと聞いたのでそのうち変えようとおもいます。
lx-coil-02.jpg
ノイズを抑えるコード?はヘッドにつけときました。

効果のほどは… 私のノーマル車体では何も感じませんでしたが、ベスパをついに初バラシとなり、ものすごく単純な構造なことがわかりました。 簡単すぎてヤバイwww

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。