Home > アーカイブ > 2017-06

2017-06

ZELIONI suspension (rear) とスポーツレバーつけちゃう

リアのビチューボさん、オイルダダ漏れしてやがりましたので、近頃SIPで見かけるZELIONIを買ってみました。デキる子かどうか楽しみでゴザイマス

伸び側21段、圧側9段でした。全体的に柔らかめにまとめてあるみたいで
バネにイニシャルかけていくと、減衰の調整幅を超えていきそうだけど、調整幅の中ならだいぶデキる子っぽい印象、コーナーそこそこ攻めれそうw

ブレーキワイヤーもグリスアップしたついでにSport Lever PM Tuningを導入。この調整できるレバーとっても気に入っていて、手がつかれないように遠くならないギリギリを狙えるのでスキスキスー
Before

After


こんな感じで仕上がりました。
左レバーに問題発生。 テールランプつきっぱなしになりますた

…ちょびっとだけ工夫が必要そうですwww

LEDテールランプ&ウインカーキットつけてみる

テールとウィンカーをLED化してみました。
配線ぶった切ってギボシにしましたw

FRONTはポジションもついてました

REARはいたって普通 テールランプはカプラーオンなので何もする必要がないんですがLX用なのに形が少し変わってしまったのがちょっと切ない感じw

 

 

Rev Counter/Speedometer SIPにメーターを替えてみた

LX125のメーターも10年たつと時計も動かなくなり、電池を変えてみたけどさびがあるためか接触不良でついたりつかなかったり。。。頑張ってLEDに替えたりしたんだけどなぁ。

先日の4potキャリパー導入を機に、スピードメーターをデジタル化できないもんかと思っていたら、GT系用として売っている、どうにかハマりそうなメーターを発見。

Rev Counter/Speedometer SIP 形は多分一緒だから収まるにはおさまるだろう。。。

Wire Kit SIP speedometer SIP for Vespa GT/GT L 125/200ccm/GTS 125  配線カプラーはこれがイケそうかな。。。

という激しくあてずっぽうで注文してみましたよ?

なんとかおさまりそうなブツが届きました。

予想通り、配線はMV914002Bでぴったりっぽいです。

写真だけで判断したので危ないところでしたがセーフっぽいです
本体には、温度センサーとピンク色のギボシ配線が一本付属してきました。
温度センサーはつけるところが微妙なため工夫が必要そうですが、

ギボシの線はタコメーター用でコイルの+へ。

ちなみに車種ごとに配線が違うためか、説明書は一切付属しません。 Youtube見ろ位な感じですが、その動画にたどり着いてないため手探りで進めますwww

こんな感じに普通にくっつきます。SIPのサポートにLX用はないですか?とメールを出したらありません のヒトコトで片づけられたので、ここまで来たら意地でもつけちゃうよね

Vespa L125ieとGTS250ieとAudi A5 SBの日記

というブログを運営なされている上ノ山様より、GTの配線図を頂けました!

ありがとうございます!

GTのメーター裏とか確認しながら続けていくと、ん? ・・・アレ?一緒だなぁ・・・ って、、、なんとも。ポン付でした。
あれこれやって見たものの、なんでダメなのかなーってやってたら、
カプラーに基盤逆に刺してただけっていうオチ。

…アホだワタシwww

つうわけでLX125には MV914002Bのカプラーでばっちりポン付でしたとさ。
SIPにつかないとか言われたけど、なんだ、つくじゃんか♪

次はスピードセンサー周り考えなきゃ。

フロントブレーキを4POTに

LX125のブレーキはとても弱いのね。
あげたパワーに見合ってないよ? エンジンパワーはそこそこ走ればOKだけど、ちゃんとまがってちゃんと止まる。このバイクの基本が良いほど楽しいのね。

つーことでさっそく注文したのはミナレリヤマハにつけようと思って買ったStage6 4potがつかなくて余っちゃったので使うための部品


キャリパーサポート(CNC削り出し)
Axle Seating AF Parts for radial brake calliper

そのベアリングキット(圧入用冶具と道具入り)
Mounting Kit AF Parts axle

ついでにGT系用の純正
12インチホイール

にStage6 4potキャリパーを合わせていきます。

よく見るとスピードメーターギアが使えなくなります。おっとっとw 仕方ないのでデジタルメーターを後日入れることにして、使えないのをシカトして進めちゃうよ

よく掃除してから組付けます。作業自体は単純だけど、説明書が一切入ってないので、フォーク側のダスト用Oリングは入れ忘れないようにして、シムもハコに書いてある絵の通り組付けていきます。

ホイールのハブはギアがむき出しになっちゃいます。一応、ここも削り出しハブが出てますが、シカトして純正を付けちゃいます。 キャリパーを合わせてみました。

ビフォーアフターっつーことで♡
マスターシリンダーがたぶん11㎜なのでやたら柔らかくコントローラブルに効きますが、握れば握るだけ感がフレームのよじれを感じさせてくれるくらい効くようになりましたよ♪

サスペンションが現在、前後ビチューボですが、もう寿命そうなので12インチにして取り換えようとおもいます。
フロントはZIPとかと一緒なので、強烈な部品が結構出ててワクワクしますよー

12インチにしてタイヤを601にでもすればフロントはヤレる子になりそうです。が、メーターを次回はどうするか考えなきゃ

 

Home > アーカイブ > 2017-06

カレンダー
« 2017 年 6月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Return to page top