Home > アーカイブ > 2010-12

2010-12

RPM G-PLUS

  • 2010-12-09 (木)
  • Bw's

えーっと。

2010シーズンは終わってしまいましたが、Bw’s・僕専用にオーダーしたRPMちゃんがいまさらではありますが届きました。
288mm 3.2k(僕の体重を考慮)お値段¥42000+消費税(納期遅れでサービスしてくれました)

これで2011はサス3本体制でBw’sでS-1GP参戦決定です ・・・ (笑

ストローク自体は50mmですが、バンプラバーまでの距離は25mmでした。
過去最高にストロークが短いのがものすごく萎えますが…(汗

ただしやわらかいラバーなので実際にはもっと全然いけると思います。

が、ストローク不足を考えてカメに手を出した私は悩みます。

RPM G-PLUS
サスの全長+ばねレート完全自分指定
だけどストロークが短い。

カメレオンファクトリー スーパーショック
サスの全長(無理やり加工)+そこそこ合ってるばねレート+ストロークある。
だけどけどフルバンプした時は激しくローダンしちゃうのでケースが路面とチャンバーがカウルにヒットしてアフアフなので要加工。

MSP
一度OHして使ってますが、もう結構使ってきたのでこれ以上のサス性能を求めてみたくなりました。もしも見つかったら本気用ではなく、練習用におろせればいいかなーなんて。

そのほか、シャークと他のMSP品番と試してきましたが、さーこりゃこりゃ。
Bw’sだけで5本目です。一体何を夢見てるんでしょうか、僕は。(笑
いまだとーっくに廃番になってるっていうのにMSPの新品に勝てるサスに出会えてません。(汗
(京葉での僕タイム比ですが。)

オフのうちに試しにいこーっと。

スクーターのバネを変えるときの工具はコレがオススメです
傷がつかないようになってるし使いやすいです。

logoscooter キャリア & PM X-tech マフリャー

サイレンサー部分だけ見て注文したPM X-tech  レーシングエキゾースト。

届いたモノを見てびっくり!! 

まさか!!

こ、これは!! 
むかーしでいうところのレッド○ールチャンバー!?
やっちまったぃ orz

エキパイ一切見ることなくポチった自分にカンパイ!! 

・・・これほんとにギャグじゃなくて走るのか・・・

エキパイなんて22mm(純正と一緒)ですけど管長を稼いだ分、排圧がかかる感じなのでしょうか?
一抹の不安がよぎります。
てなわけで、サイレンサーステーが金色というところにもドン引きしながらも、面白いので装着してみます。

 
僕は作り手ではないので性能についてはよくわかりませんが、意外にとりはずし可能なバッフルもついていて今現在は純正にポンポンと毛が生えたようなとても静かちゃんです。

トルクが上がりました。

が、vespaらしさを損ないたくないので こっちにとりかえました。

次は駆動を煮詰めてみたいと思います。

僕的LX125 メモ

MQ学校に2日間入学してきました。
4stの組み方についてお勉強させてもらいに。

純正シリンダーの圧縮は15kでした。ケースは125も150も共通みたくて、実際150用のシリンダーが入るように最初っからケースの穴は大きかったです。 無駄にそういうところが面白く感じました。

カムスプロケットは2vの線とポッチを合わせます、ローターは矢印とヘリの出っ張りを合わせればOK、ただし回転方向にのみまわしてよく、カムチェーンが張った状態を想定し、押した状態で合わせるとよかばってん。

ヘッドはさかさまにしてポートが閉じた状態にしてガソリンがもれないかチェック。
漏れてたらバルブのすり合わせを。。。タコ棒ってのを見たことがある程度だけど!
タペットは冷えてる時に8/100、詰めて5/100、4/100だと調子は出ないらしい。。
LXの標準は12/100 クリアランスを基準にするとよかばい。

モチュール300vは5wとかよりも10w40がなぜか調子いいらしい。
でもしばらく乗らないならリングをやっつけていくオイルなので気をつけよう。
オイルは半年から劣化がはじまるらしい。
ギアのオイルは空気がパツパツになったときのために適正な量を。

サムさんはアナログなトルクレンチよりも手ルクレンチのほうが正確だった!!
すごいっww

ビチューボついたらこんな感じ~

超個人的なインプレです。
フロントは減衰調整のおかげでバネはあまりイニシャルかけずにやわらかくても固めに感じるというか、減衰のしっかりした効き具合でした。リンク部分とかしっかりグリスアップして組みなおしたらもっと気持ちよく動く気がします。

リアは純正よりシリンダー細いからダメかと思ったらちゃんとしなやかなんです、バンプラバーまで押してみるとあたった感じもわかります、それだけよく動くくらい柔らかいけどしなやか。で、そこそこ踏ん張ります、 あんまりハードにのらないから僕には十分です。
ていうか3年もたったパイロットシティなんてバンクさせる気になれないのでおとなしく乗っておきます。

明日はLOGOSCOOTERというところのキャリアをつけてみたいと思います。

あ、以前書いたマロッシ製品群のリストの日本円価格、価格改定されて全然違うし、今はユーロが安いんで昔に比べてとーってもお買い得になってます。 が、以前はこの値段で買ってたんだなーと思って見比べてみるのもいいかもしれないのでそのままにしときます ^^; 

LX125 購入から3年、ついに着手。。。

信号待ちでエンストしてみたり(単に調整不足)
クラッチのつながりなんかおかしくてスタートスムーズじゃなくて(単に整備不足)

LX125はいじらん! っていうかフロント11インチ リア10インチなんて危なくていじる気にもならんわ!!
あくまでオサレに街乗りするんだ!

ってvespa lx125 を買ったのが3年前だったきがするんですが。

50ccより加速悪いというのはいかがなものかと。(僕のだけ?)

もちっとスムーズに街乗りできるデキる子にしとかないと3年で1300キロしか乗ってないのにますます乗らなくなっちゃう気がするよ・・・?   ・・・てなわけで。

リーダーエンジンのlx125 空冷・キャブ車(CVK26?)についに手をいれてみることにしましたよ。
何度もバラすのめんどいから小さく大人買いでひとつ。

lx125-malossi-gear-16-42

とりま駆動。

あけてみたらベルト全然上までせりあがってないの。余裕ありすぎてナニコレ状態。
でも純正ベルトケースに当たってるし。。

スタートがおかしいのはクラッチミートとベルトの太さというかクラッチスプリングとか、うんっ なんかもう、全部にちかい気がして・・・やりだしたらきりなさそうです。

要研究といいたいところですが、4stトルク型の駆動ってそんな気にしなくていい気がしました。

Bw’sでの経験上、マロッシはごそっと入れ替えてサイクルを一緒にしてやったほうが後々調子悪くなった時も便利だったです。
少し使ってるとやっとなじむ、、、調子が崩れまくって入れ替えるときはごっそりが一番調子良くなる。これがマロッシに対する正しい向き合い方・・・ なんて誰かに教わった気もするし自分でもそう思います。

だから全部! 漢なら一回で突っ込んでみます。

シグナスの時に買ったトーションコントローラーが使える気がするんだけど見つからないので後回しですけど純正にそんな感じのがくっついてるからとりあえずそれ使います。


純正ボスとマロボスの長さの違いは0.5mmでした。 少しmalossiのほうが長いです。これでややベルトがセカンダリの上のほうまで来る感じでしょうか。
ベルトのサイズは純正と一緒でした。


で、ギアはケースあけたらベアリングが入ってたんです。
・・・これ12インチ化できそうな気がするんですけどいかがなのでしょうか。。。
ホイール側のギアの圧入が300kgのプレスでも取れなかったもんで作業は1日持ち越しになりました。 


前後サスを色的なことを考えてビチューボを選択しました。性能的にはどうなんでしょうか。。
見た目から判断するにフロントはやる気ソコソコ?

そんなわけで完成した車体写真はこれからUPしてみようと思います。

Home > アーカイブ > 2010-12

カレンダー
« 2010 年 12月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Return to page top