Home > アーカイブ > 2008-06

2008-06

AS ウオタニ SPII パワーコイルキット

Bw’sに入れたウオタニコイルが調子いいというお話から、先日のKN企画製シグナスX用イグニッションコイルを入れてみました。

私という人間はなんつーアホアホマンなんでしょう。
じゃ…VESPAにウオタニのコイル入れたらどうなるのでしょうか?
という素朴な疑問を実験してみる人柱行為に今日は走ってみようとおもいます。

どっちがエライかテストしてみようということで
ASウオタニ製 SPIIパワーコイルキットをつけてみます。
lx125-uotani.jpg
タイラップで適当に…でもそれ以外そのままつける方法はないのでスポンジをクッションにひいて装着。

見に行ったお店にプラグキャップはダルマ付きはNGKのシリコンのものしか見当たらなかったので純正と同じL字のものを購入。 が、純正より短くてL字装着できず。 どうやら45度みたいのにしないと無理みたいでした。

仕方ないのでまたも純正プラグキャップを装着。 
なんかこの時点で効果が半減するような気がするのは私の気のせいでしょうかicon:face_embarrassed

ついでだからとプラグを外してみたら純正はCHAMPIONのRG6YCというプラグでした。

ふと海外のショップを見ていると、リーダーエンジンのフルサークルクランク(LC用)を発見。
もしかしてついちゃうんじゃね? という淡い期待を抱いてますが今のところ謎です。
純正のストローク48.6 ボア57mmという組み合わせってなんかすごいですね。

その前に走行700kmなのにオイル漏れを確認しました、さすがイタリアン。
たまたまDGWさんの近所に行く用事があったのでついでに聞きにいってみると、ブリーザーにつながる部分なのでクレーム処理は無理とのこと。 ガスケットだけでもくれれば今後安心なんだけどね。。

それはおいといて結果。
効果アリました。アクセルパーシャル域での元気がちなぅのでなんか燃費に効きそうです。

イグニッションコイルとオイルの交換

ねじの一本すらはずさないで700kmほど走ったところでそろそろいいかな?と、
オイル交換をしたら真っ黒なオイルがこんにちは…

以前、シグナスに台湾ボアを入れたらアイドリングが不安定でしょうがなかったのが300V+ミリテック1という組み合わせでピタリと安定したのを思い出したので、今回もバスクリン色でめちゃくちゃいいニオイのするモチュール300Vと、ミリテック1の組み合わせでOIL交換です。
パワー的な体感なんぞホント微々たるもんなんで、なんか軽くフケるような気がするようなしないような程度ですけどね。

ふと思い出したようにベスパのコイルとKN企画さんから出ているコイルの形状がとても似ていた気がするので注文。マユツバ万歳。
lx-coil-01.jpg
やはりコイルの形状がLX125と完全に一緒なので完全ボルトオンですが、純正プラグ&キャップはダルマが付いているタイプで、KNさんちのはダルマじゃないものなので、純正にさし変えました。
コードの長さも長過ぎるのでちょっと切りました。

純正のキャップはすぐ死ぬと聞いたのでそのうち変えようとおもいます。
lx-coil-02.jpg
ノイズを抑えるコード?はヘッドにつけときました。

効果のほどは… 私のノーマル車体では何も感じませんでしたが、ベスパをついに初バラシとなり、ものすごく単純な構造なことがわかりました。 簡単すぎてヤバイwww

イブツ監督

  • 2008-06-07 (土)
  • Bw's

暑い日と寒い日が入り混じり、仕事は無駄な忙しさを増してきたのでスキを見てエンジンを触ります。

先日のS-1 GP R2での原因を解明すべくヘッドをあけようとするもなぜかとれず。

これは何かが起きている… の予感は見事に的中。

ヘッドとピストンの間に招待してもないのに来客アリ。
とりあえずさ、君誰? どの辺から道を踏み外してここまでやってきたの?


bws-2fasthead-ibutu2.jpg
金属なのでめり込んでます。 こうなったら普通ベアリングもピンもとりあえず交換したほうがいいと思うのですが、僕は漢ですからそんなことはしません。 ケチじゃないです、エコです。

ただ昨日は

icon:face_embarrassedアツインジャー
icon:face_shockヨビナインジャー
icon:face_sadメンドクサインジャーが現れました。

厚さは1mm以上ありますし、見事に凹んでめりこんでやがってヌッコロされた気分になれました。icon:body_good

最近お会いする人がみんな、2FASTもうやめてシグナスやれば?とおっしゃります。

でもまだギリめげません~ ヘッドは3個、クランクは2個、シリンダーも2個、ピストンは5個目です…

どんだけ壊すんだよ、俺。 的な自問自答もありますが、さすがにこれだけ壊すと限界点もある程度見えてきました。欲かかなければキレイに走らせられるだけのデータは溜まりました。
日本の中で2FASTマスター(バーのマスター的に)と呼んでくれてもいいです。
マスターが実際の職業なんで(笑

でも欲かくんで毎度こうなります。 

シグナスX用RPMアルミホイール(F2.75J R3.25J)

  • 2008-06-03 (火)
  • Bw's

前は暴れん坊、後ろは甘えん坊のKATOKICHIですよ (ブレーキの効き具合)

シグナスXの純正は 前2.75J 後3Jでした。
一方グランドアクシスのリアは2.75Jです。

そういうわけで、フロントにシグナスXの足を入れている私は前後2.75Jになっています。
これが原因なのかはわかりませんが、少しだけこじると京葉最終コーナーでリアが暴れます。
この辺の表現の仕方は私の脳ミソのレベルなんで伝わる人にだけ伝わればいいです(笑

もしかして暴れなければもちっと早く走れちゃうんじゃないかしら?
…と思うので妄想してみると、リアだけもうちょっと太くしてみたらどうなるか知りたくなりました。

と、昔持っていたグランド用リア3Jホイールをもう一度買えるか探すも見つからず。…ふぬぅ。

アルミでポンで付くのはNEOS100のホイールですが、これもまた見つからず。
こっちは3.5Jです。

…そんな都合よく出てくるわけないよね。。。

と、捜していたら、HIF兄貴がRPMシグナス用ホイールを4VPケースにつくように加工したものを譲ってくれるという話 まさかの急浮上。。。
・・・ぉぉ…都合よく手に入っちゃう…icon:face_self-conscious_smile

というわけで、RPMはF2.75J R3.25Jとなり、シグナス純正よりちょびっとワイドになります。
台湾で売っていたグランド用ワイド3J(てっちん) RPM3.25J(アルミ) NEOS100 3.5J(アルミ)
太さはレギュラーサイズより大きい、私が知っているワイドの中で、真ん中ですよ、奥さん!まんなかもっこりですよicon:hearts

bws_rpm_wheel.jpg
シルバーに塗った車体にこれまた都合よくシルバーのホイールです。

さらにちゃんと軽量化です。タイヤを履かせた状態で、純正7kgなのが、RPMだと6.6kgに!
フロントで約400g軽くなりました。リアは純正8.6kgから加工してあっても8.3kgに約300gの軽量化です。まずはバネ下重量の低減もできちゃうなんて、なんか・・・テストするにも都合、最高にいいんですけど~♪
というわけで譲っていただきました。

付くようになるにあたって、リアはもちろん加工が必要なんですが、中身はHIFさんのアイディアだと思うので公開はしないでおきます。

加工した箇所が、吉と出るか凶と出るかはまずは練習走行に行かないとわかりませんが楽しみです。

Home > アーカイブ > 2008-06

カレンダー
« 2008 年 6月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Return to page top