Home > Vespa lx125

Vespa lx125 Archive

リアプーリー周り クラッチベルとOリング破損

ケースを開けたらカムからグリスが飛び散っていた=Oリング破損が見受けられたので
Oリングだけお取り寄せ マロッシのカムがついているのでOリングもマロッシで。
品番はコレ

でもOリングだけだと発送してくれないので、ついでに何かを注文せねばならず。
今、Malossiのクラッチベルがついていたんだけども、ふとZELIONIからやらしそうなのが出ていたのでポチってみたよ

届いてびっくり アタリ面が! ざらっざら♪

やすりかよ? えらい食いそうですな
でも削り出しかと思ったらメッキで・・・(汗

重さは1164グラムでした。

ちなみにマロッシのベルは1106グラムと約50グラム位軽くなります(汗

スピードセンサー回りとベルト

LX125も10年選手になりました。

が、走行距離は総じて3000km(シリンダー変えて1300㎞)しか走っておらず
ちょくちょくのメンテナンスで盆栽化が進行していますwww

SIPのデジタルメーターに替えていますのでスピードセンサーはマグネットボルトを使ってディスクから取ります。
Vespa LX125は、ZIPSP等と一緒のハブなので、M6x1.00/19.7mmを5本必要でStage6からKOSO系で品番S6-4040ET04 が出ています。2本入りなので3個あればいいと思います。

そして長らく欠品していて買えなかったセンサーステー(写真オレンジのやつ)

これでフロント周りは完成形となりました
フロントホイールハブは OTTOPUNTOUNO
ディスクはRD italyのフローティングディスク
キャリパーはStage6

センサーはKOSO SA-07

センサーステーはAF Parts
ラジアルキャリパーサポートはAF Parts

サスペンションはZELIONI
ホイールはGT系の12インチにしてBT601を装着

フロントの動きはとてもいいのでサーキットを走ることも可能そうですが、エンジンマウントがウンコなので走るつもりはなく、それをどうにかするためのマウントサポートも出ているのですが、残念ながらワタシのマフラーではパイプが太くつきませんでしたのでお蔵入りです

SIPで売り出しているKOSO製スピードメーターもとてもいい感じでVespa自体がそんなに形が変わらないので機関良好、古さをあまり感じないで済んでいます

 


そして駆動の再セットアップということで、ベルトを今一度マロッシに変更します。
ポリーニは少し太いのでワッシャーを入れて落とし込みを狙っていましたがそれでも太い感じなので一度マロッシに替えて様子を見ようと思います。
リアプーリーのカムのOリングが死んでいるっぽいので再注文しなければwww
いったん見てないことにしてふたをしますた

LX125 ホースのトラブル

やはりユーロ系ゴム製品はとてもダメです。
以前はガソリンホースが劣化してズタボロになっていましたが、今度は負圧?なのコレ。
がズタボロになっておりました。

アイドリングが安定しなかったり、ふとガソリンチックなにおいがしてたのでおや?とメットインを外すとホースが逝っておりましたわ。
とりあえず劣化してさけたホースをちょん切って無理やりつなげてみましたが根本変える必要があるのでさっさと国産ホースに変更します。

わかりづらいかもしれませんが、私のVespa GT用のCVK30パイのキャブとキャブヒーターやエアクリーナーにつなぐためのホース類をすべて移植、マニホプレートを東京ベスパさんで制作してもらって取り付けています。

パワーはそんなに変わりませんでしたwww きっとカムのせいだと思うのですが、空冷2バルブのもうちっとガッツのあるカムがほしいところ。。。
カムについてどなたか知恵くだちゃい

LX125 ひと段落

 

 

GT系ギアボックス&ディスクブレーキシステムに変更
前後12インチ BT601
ZELIONI サスペンションとスイングアーム
Stage6 4potキャリパー
RD Italy フローティングブレーキディスク
OTTOPUNTUNO CNCフロントホイールハブ
SIP rev/speed デジタルメーター
エンジン駆動基本構成 malossi フルキット
CVK30  キャブレター
REMUS マフラー
CVTFR4 プーリー 13gx6
POLINI ベルト&センタースプリング
HIDライト&LEDテール&ウィンカー

インテークマニホールドスペーサー&エアクリーナー加工取付&リアフェンダー&マフラーステー制作は 東京ベスパさんの協力の元 完成にこぎつけました。ありがとうございます。

スピードセンサーステーが廃盤で手に入らないのでどうにかしたい、リアフェンダーの止めるねじがタイヤに接触してしまう、デジタルスピードメーターの表示について等、いくつかの細かいVer.UPはまた行っていきたいと思います。

脳内に描いていたモノをついに形にできた!12インチ! 足つきヤバイwけど乗りだしたらBT601とZELIONIと強化されたブレーキシステムの安定感 半端ねぇっス♡

前後12インチ化

遂にとりあえず前後12インチ化に成功しました。

ギア等とセンタースタンドをGT用にかえて各部を組んだところまで自分で、仕上げは東京ベスパさんに依頼してみました。

リアフェンダーをカットして純正っぽく後ろにずらしてもらい、スイングアームにレムスのマフラーがつくように当たるところを削り、ステーをカットしてキレイに装着♪

が、もう少しだけ煮詰めるところがあります。

ヌケヌケなビチューボでフロントフェンダーもブレーキかけると擦るので、フェンダーを変える前にまずはゼリオニのフロントサスを入れてみます。

やっとBT601が履けました、デカいけどww

そしてCVK30もマニホのスペーサーとスロットルセンサーを作ってもらって、キャブヒーターなんかもネジ山切ってもらって装着 ホント仕事が丁寧で嬉しいです

少し乗ってみたら収まりは完璧だけどセッティングがもうちょいといったところだったので、続けて『東京ベスパ』さんに丸投げ依頼してみましたm(__)m

なんてことをやっておりますが

セグウェイで転んで腕むちゃくちゃ痛いんですが、今週末のレースは大丈夫なのでしょうか 私www

LX125 リア12インチ&Disk化 2

いよいよ12インチ化に着手し始めました。
先日 頂いた部品でほぼカバーできそうです
フェンダーとスイングアームを新規に用意してみました。スイングアームは使うかわかりませんが。。。フェンダーの大きさも全然違いますが、リーダーエンジン腰下は共通なのでくっついちゃいます。

 LX純正はこんな感じです。

ハンドルに穴をあけてリア用マスターシリンダーを装着 11㎜です。 ついでにフロントマスターも11㎜からGT純正の12.7に替えました

ギアはケースに元々ベアリングが入っていたのでそのままポン付けですが、カバーの前3本のボルトが長さが短くなるため変える必要があります。6302で韓国製のベアリングが入っています。韓国製か…

 

リアフェンダーを変えて、スイングアームをためしに装着。 GT用のゼリオニスイングアームはリーダーエンジンならケースが一緒なので普通につくのでつけてみると、マフラーの角が少し当たるのでマフラーとスイングアームのどちらをいぢめるか検討中です。 このステーだけほしいwww

エライ車高が上がりましたwww ナンバープレートの泥除けが当たるのでここも要加工ですがその他は問題なく着きました♪ BT601を履けて、ブレーキも強化、サスペンションもソコソコいいのつければもう、これはサーキット走れる仕様ですが、エンジンは遅いですwww

細かい仕上げはこれからプロの手を借りようと思います。
ここでテキトーにエーモンステーとか使ったら一気に子供がいたずらしたような仕上がりになってしまう気がするので

ここからは
センタースタンドをどうするか
ギアカバーのボルト変更
マフラーとスイングアームの加工
リア泥除け部の加工

って感じでしょうか

さ、盛り上がってまいりました♪

LX125 リア12インチ&Disk化

LX125がリーダーエンジンなのをいいことに、12インチ化を妄想しっぱなしでした。
ギアケース開けたらベアリングすでに入ってたし案外すんなりイケる気がしてまして。

こちらのブログ

もよく拝見しておりました。もうね、夢は膨らむばかりでしてねw

しかし、部品を全部取り寄せてたらうーん。とか思っていましたら、まさかの上記ブログのオーナー様より、今まで集めた部品を一式譲っていただけることに・・・!?

見てください このそろった部品を。ねじまでほぼ全ての上に、フィルターまでつけてくれて、多分足りないのはLXに移植しようとすると問題になるであろうスイングアームとリアタイヤカバー位じゃないですかね。。。

マジ神♡ もはやポン付キットみたいなもんじゃないですか!

・・・全英が泣いたよ?w

というわけで、超絶 夢の詰まった段ボール箱がうちに到着しました
部品の梱包具合等を見るに、バイクへの愛をとても感じました。 m(__)m

というわけで、日本一ちゃんと走って止まる謎なLXを作ります!w

CVT FR4 とPOLINIベルトとスプリングを試すよ

最近はCVT FR4とポリーニベルトの食いさいくぅ!ってことでこのセットにしてみます。

CVT FR4  品番1251100

マロッシより、ボスが1mm弱細くなりまして、長さも短くなるようです。
玉が21x17になり、11gがついてきますが、私は13g マロッシ時は14gで燃費重視セットでした。


2FASTエンジン時はFR4の食いがよく、センスプを硬い方向にセットしていく感じだったのですが、回転域が違うのでテストしないとわかりません。
デルタクラッチはおもりは重いほうにセットしたほうがいいことが判明。
バネは引っ張りすぎない程度にしておきましたが、乗りやすくも繋がりをカチっと行きたいので調整していくつもりです。

が、くみ上げたとき、セルギアをちょいと事故らせたら、セルモーターがうんともすんとも言わなくなりました…(汗

なのでまだしばらく実走行テストが保留www

ZELIONI suspension (rear) とスポーツレバーつけちゃう

リアのビチューボさん、オイルダダ漏れしてやがりましたので、近頃SIPで見かけるZELIONIを買ってみました。デキる子かどうか楽しみでゴザイマス

伸び側21段、圧側9段でした。全体的に柔らかめにまとめてあるみたいで
バネにイニシャルかけていくと、減衰の調整幅を超えていきそうだけど、調整幅の中ならだいぶデキる子っぽい印象、コーナーそこそこ攻めれそうw

ブレーキワイヤーもグリスアップしたついでにSport Lever PM Tuningを導入。この調整できるレバーとっても気に入っていて、手がつかれないように遠くならないギリギリを狙えるのでスキスキスー
Before

After


こんな感じで仕上がりました。
左レバーに問題発生。 テールランプつきっぱなしになりますた

…ちょびっとだけ工夫が必要そうですwww

LEDテールランプ&ウインカーキットつけてみる

テールとウィンカーをLED化してみました。
配線ぶった切ってギボシにしましたw

FRONTはポジションもついてました

REARはいたって普通 テールランプはカプラーオンなので何もする必要がないんですがLX用なのに形が少し変わってしまったのがちょっと切ない感じw

 

 

ホーム > Vespa lx125

カレンダー
« 2018 年 9月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Return to page top