Home > Bw’s

Bw’s Archive

2017 8/27 茂原west S-1GP R4

茂原West S-1GP 第4戦 晴れっぽい曇り31~33度

今回もスーパーモトとS-1Proにダブルエントリー
ふとエントリーリストを見ると、ゴぴが出ないとか言ってたのでスザケンナっ出ろってば!ということで、エントリー費を私が出すことにして強制エントリー決定w


先週の桶川の優勝賞品で頂いたBBQコンロをゴぴくんが持って帰っていたのでお肉と共に持ってこさせてBBQ せったかくもらったコンロ、、、が、見たかっただけなのでほしいというなら一度つかわせてもらうということであとはプレゼントすることにしましたw なぜかとてもおいしかったwww

 今回SHARK FACTORYをイタリアR&D社が改造したであろうX2サスペンションをテスト投入してみました。コレを日本に送ってもらうのは至難の業でしたが、その甲斐あって結果は良好 このサスペンション、290-310㎜まで車高調整できます。その分ストロークほしいけど(笑)

2fastサスのほうが慣れているからか安心感は強いですね。同じくらい良いサスペンションだとおもいます。

 

昼休みの体験走行にゴぴにQR50貸したら、人のバイクで本気で攻めて全然帰ってこず、4回も転んできやがりますよ?w

おーっと!転んだー!!! ってアナウンス入るたび、4回は完全に故意なので、部品代は後程請求か!?と思ったらバチ当たって小指の爪に血マメできてたので楽しかったんだろうなぁ、ということで許してやりますwww

…あほですね

(笑)(笑)(笑)

幸い廃車にはされなかったので、アホな子より楽しんでおこうとワタシも普通に楽しみます。


ぶいーーーーんしかきこえませんw

 結果こんな感じ

スーパーモト 予選2位 決勝2位 46.654
S-1Proクラス 予選1位 決勝1位 35.1

ヨッチャン台湾遠征で不在につき優勝ポイントだけ頂いておきましたwww

カメラマンが目線だのなんだの全く必要ないであろう注文が多くてうるさかったですが(笑)
レースクイーンのおねえさんやとらくん、きっしーさん、やすゆきにーさんにも久しぶりにあえてとても楽しい一日になりました♪ いえい♪

エンジンOHしないと本来の回転数が出ていません… まいったなぁ

2017 8/20 関東ロードミニS-1GP 新コース

今年は、年に一度だけ開催されるS-1GP 桶川SPLラウンド
前々回おそらくバッテリー切れにより水温の上昇でイカレたピストンのまま、前回出場。
どうも様子がおかしいので開けてみるとリングをかじっていたのとピストンが少し削れていたことが判明。

ピストンを新品に替えて駆動もベルトとセンスプを交換してみて桶川に出てみました。

公式練習と予選はこの日おろしたNEWツナギはそのまんま持ち込んでしまったため、
ワックスが効いていてケツが滑ってしまったので頑張ってワックス落として決勝に挑みましたw

CHCという台湾のツナギメーカーなのですが、柔らかくてとても軽いです。
最新な衝撃を与えると硬くなるという素材のパッドが使われていて、こぶの中にはタンクも入れられてとてもよさそうなのですが、根本のサイズが・・・ツナギの裾も袖も短く作られてしまってくるぶしも手首も出てしまうという非常に厳しい状態なのでどうしても修正が必要そうwww  ・・・惜しいっ
私のようなブーツアウトだの2ピースだのとわがままオーダーのせいですね。ホント、意思の疎通さえうまくいけばマジでとてもいいツナギだと思いますのでおススメできると思います。

さて決勝。

予選46.674で1番グリッドからスタート

決勝 45.686で優勝となりました。

2015年に出した4秒台には届いていないので退化しておりますよ?www
動画を見てもらえばわかるようにちょっと回転が足りません。
おかしくなってしまったままなので今週末のレースどうなってしまうでしょう。。。

考えられるスペアパーツはお願いしてあるのですが、残念ながらイタリアは今、長い夏休み中ですwww ちーん

2017 5/14 Mobara West S-1GP

予報は晴れ…ってか曇りなのに朝はしっかり雨。 うひょ

今日はサスのセットをもう少し煮詰めるのと、走り方を改造するのがテーマ。
スーパーモトクラスとS-1プロクラスのダブルエントリーでいきますよっ
遅刻しましたけど車検中についたので何とか間に合った感じ

スーパーモトの方はサスペンションを一本追加!
私の体重だと常にフルボトムしてバンク角もなければサスもいつ死んでもおかしくないやーつ
なのでリジットに限りなく近いヤツ180㎜をKNさんちでご購入してくっつけてみました。
結果。恐ろしく走りやすくなりましてコーナーはちびっこに張れます!
ストレートは全く話になりませんケドねwww
46.876に入れられまして、74Daijiroの子、Pwのちびっこに次いでオトナの中ではぶっちぎらせてもらいましたw Monsterのおぢさんとでも呼んでください 結果2位
空気圧はF1.9 R2.0 でしたよ~

さて本番のS-1Proは!

2FASTサスペンションは1本で2本分の仕事をするように流路拡大等、色々改造してあります。
バネレートも上がっていて、減衰がしっかり効きますので、上がったパワーを支えて開けていけるサスです。
が、タイトめな切り返しのコーナーではサスの動きが踏ん張りつつもギリギリまでしなやかに動いていただく必要がありますので
少しづつ柔らかい方向にセットしつつ、今までの走り方を変えていく練習をしてますよ、本番中にw
ワタシっぽいでしょ?www

 
タイムも更新しつつ、6周目まではヨッチャンを抑えることに成功 これはまず快挙www
ただし後半バッテリー切れかなぁ、水温が100度を超え、やべーことになりまして、リタイヤが一瞬脳をかすめましたが、結局完走してすぐエンジンを切ってみました。OHしなきゃwww

それではその様子をご覧ください 150度って怖い!!!

表彰台からの景色でゴザイマフ
1位は両脇男だけど2位と3位は女子がいるのでせめて遊びますよ。なかなかかわいかったので勝手にカメラ向けたらポーズとってくれました イイね♪
おっさんに囲まれてはかわいそうなので大木塾 塾長ともパチリ。
この日シモジモな者たちも上からパチリwww シモさんのMCはやっぱりいいすね♪
ちなみにRSピットのリャオさんはこの子のチャイナドレスを見て、台湾に比べてスリットが甘い!と言っておりましたよ?w


帰りはJW Factory (WJじゃないよ?w) に寄って私の車両をそのままお預けしてきました。
こちらは本日15日OPENのモトクエストの2号店となりまして、2FAST Bw’sがしばらく展示されていることになります
〒131-0045 東京都墨田区押上1-48-19 JW Factory 内モトクエストファクトリー

商品の玉ねぎと共に♡ しばらく新玉ちゃんと戯れます♪

2017 5/7 モトチャンプ杯&Daijiro-Cup 第2戦 モトエクストリーム併催

エントリー締め切り直前にやるよ!ってなわけで、慌ててエントリーしましたが、
つい2日前に2fastサスペンションの具合を確かめに桶川のストボンに参加させていただきまして、セットを進めてきました。

ちょっといたずら心が芽生えたため、圧縮を弄って公式TAに挑んだら全然走らないでやんの・・・ww
おっといけねぇ これは即戻しておきましょうということで、即元の仕様に戻して挑んだ予選
とりあえず29秒台にかすめたものの、自己ベストには及ばず。

ただ、今までできなかったことができるようになってだいぶいい感じちゃいますの?♡ とか思ったのでもう少しサスペンションのセットを弄って決勝へ。


練習不足感ハンパねぇけども?前よりはマシンに助けられて前に進みます。
開けられなかったところで開けられるようになってきてうれしくなりましたが、そこはやはり大木塾長、残念ながら追いつけません。

塾長に弱点の指摘を受けたので来週のS-1で練習しようと思います

ひさしぶりに会えた方たちがいっぱいいてとてもほんわかと楽しいレース日となりました
刺された後に残り2周でぴったりつけて打ち込むつもりがドジってしまって

・・・負けたけどなっ!www

お疲れ様ですた♪

2017 5/5 Street Bomber

GWまっただ中、2日後にモトエクストリームを控え、2fastサスペンションのセットを出したい&いろんな方にお会いしたいというのもあり、急きょ去年に引き続き当日エントリーで参加させてもらうことに♪

前日から並ぶも砂利道はすでに行列、10代の頃のやたら盛り上がってる関東ロードを思い出しましたよw

しっかりと暑い快晴で絶好のセッティング日和

今回は去年まで使っていたエンジンをごぴくんに譲り、RSシリのさとるくんが加わり、その2台の面倒を見ているオヨヨさん、匠工房の社長さんや彼らのお友達等いろんな方にお会いできて、
Bw’sが3台いて信号機っぽくなりましたので一緒に写真をパチリ。

どのクラスにエントリーしていいのかわからないので、受付の人にお聞きしてミニバイク上級クラスにエントリー

2回の走行枠でのんびりしていると、ごぴくんトラブル発生。
色々と付き合うも原因は単純でセーフ。
あやうく、エンジンを提供した私のせいにされるところでしたよ?www

私は段々2fastサスの方向性も見えてきて、模擬レースで試してみることに。


2日後にモトエクストリーム、9日後にS-1GPが控えているので無理はしないつもりですが、ごぴくんのBw’sエンジンのセッティングを手直ししたら後ろにつくも恐ろしくバケたのでこれは自分の今までのエンジンがライバルになりそうで楽しみです♪

セグウェイにカートを付けたり、1輪セグウェイで遊んだりして最後は小学生依頼のすたみな太郎wwww
具合悪くなりそうなほど色々食べて帰宅

遊んでくれた皆さんありがとうございました♪

 

Maxima リチウムイオンバッテリー

今までずっとSHORAIバッテリーを使ってきましたが、
専用充電器であったり、使い切ると復活不能だったり、そもそも保障があってないようなポンコツサポートらしいので、しかも持っているのが専用充電器なので、いつもあきらめて買い換えてきました。

しかし、、、これはいい加減ちょっとアレだなぁ…とか思っていたところへ彗星のごとく現れたバッテリー!!

Maxima Lithium ion battery &リチウムイオンバッテリーチャージャー

 562.5g!
Bw’s純正サイズで、5L-BSサイズでむちゃくちゃ軽いです
なのにさらに!!!

レースなのでもっと小さいサイズだとコレ!!4L-BSサイズだと363.5g!
これは良い♡ おススメです

バッテリーはこから買えます

充電器は3タイプあるらしく

スタンダード

マルチタイプ

リチウムイオン専用


私はリチウムイオン専用とどちらにも使えるマルチ充電器両方があります

 

一応、今使っているSHORAIは少し小さいサイズにしてて447g程でしたが、そのうえをいく363.5gがあるのでの乗り換えます♪

SHORAIのバッテリーってば、専用充電器を使って、サーキットで発電機で充電しようとするとエラーばかり出てうまく充電できないこともたびたび起こりました。寒いときは特にでしたね。だから、充電は安定した家庭用コンセントである必要があること、あるとき突然いきなり死ぬということを考えたら。。
私はサーキット使用がメインですが、このマキシマバッテリーってばサポート体制が凄いっぽい コレ 保障期間は12か月

コレおススメできちゃうっすね。 持ちが良いか等はまた書き足していきますね

2017 3/5 S-1GP 開幕戦

今年もやっとシーズン始まりました。
リアのディスク化に伴い、今回はサスペンションも2fastの改造したSHARKに変更
長さは325㎜でしたが削っていただいて320㎜にしてみました。

バネがとても太くなり、それに合わせて減衰も効くようになっています。
思ったより硬く、粘るのですがセットがまだ出せてないのでこれからいろいろ試していこうと思っています。

今回は、前のパッドをメタリカからエナージュメンに変更してみたら練習走行でフロントのフィーリングも変わり少し戸惑い、リアブレーキのポリーニ+セミメタルパッドは恐ろしいまでに効くのですぐロックしてしまい、慌ててフロントだけでもと以前のメタリカに戻しました。

2fastサスペンションは高速域でバツグンですが、低速域でのしなやかさを出すには圧側のセットをもっといじって試す必要がある感じ。硬めにすると、ストローク半分くらいまでしか使いません。スゲー効きです。
ふと妄想ですが、減衰ちゃんと効く調整幅を持たせた感じにして170LB~180LB位がワタシにはいい感じっぽいです。

そんなことを本番当日にやってるもんですから、そりゃータイムも出ませんよね。
つーか転ばないように走るのに必死っていうポンコツっぷり。
みる?w

エンジンはちゃんと走ってるのに全然コントロールできないでやんのw
そのうち足が仕上がった頃見たら、笑える動画になりました。

結果は予選2位 決勝2位

足とブレーキに思いっきり課題が残るレースとなりました。

一方、今年からちゃんと参戦しようと中古のQR50を購入し、そのまんまの状態でスーパーモトクラスに出てみたら、全然ストレート遅くて話になりませんでしたw

とりあえず一周目だけ佐野さんとバトルして、結果6位っつーことで、次戦はもっと競れるようにQRも仕上げちゃおうとおもいますよっ

終わった後はコレな♡
回を増すごとに台数も増えて、もはやダメだと止めるより安全に使ってくれって言う方が正解だと思うミニセグウェイで遊んでみた図

私のリアブレーキ ~まとめ~

以前はリアブレーキに、マスターをブレンボRCS + フレンチューボ2000㎜+純正ハブを用意したものの奥行が38㎜だったのと全体の重さを考慮してR&D italy で奥行40㎜のR&D 190㎜ディスクにGrimecaキャリパーにFrisoni wheelという組み合わせで2016年を走りました

とりあえずは充分なんですが、パッドはヤマンボと一緒です。マロッシのパッドでは全然ダメで、デイトナゴールデンを入れてみていい感じになりつつあるも、なんとなくモアパワーを欲した私は、、、

Brembo RCS+Frentubo+2fast hub+Shark wheel+polini 202mmdisk+polini caliper
という、現時点での最高スペックを投入してみることにします。

具はこんな感じ
ブレンボRCSマスターは距離も変えれて、


KOHKENのエアロレバーを入れて使いやすくなりました。
フレンチューボのホースはステンメッシュホースに比べてとても軽く、しかもさらにカチっとしてとても良いです。


ポリーニのキャリパーは削り出しで、ピストンは旧カニと同じ32㎜なのでGrimecaより期待できます。


使うパッドは値段が高けりゃ偉いんじゃないか?ということでセミメタルをチョイス。


合わせるディスクはこのキャリパーを使うなら使えるようになる202㎜ 4㎜厚、穴はM10の物。


2FASTのハブはR&Dの物と独自の物を合体させたもので、ディスクがM8ボルトになるので


低頭ボルトでM10ディスクを使えるようにモトクエストさんちでボルトを作ってもらいました。

 


削りだしのスイングアームは剛性もあってTORSEN WD swing armよりいい感じです。


なかなか仕上がってきました。
ただ、キャリパーとホイールのクリアランスが1mmないのでレースでたわんだ時が心配です(笑)

今までドラム式ブレーキで頑張ってこれたのは、以前のモトクエストさんちで作ってもらったシグナスドラムブレーキを使える加工がただつくだけではなく、タッチもハンパなくいいので、それを超えるものを!ということで、ここまで来るのにだいぶ時間とお金を費やしました

高くついたなぁw

malossiケースについて

会うとよく聞かれるので、ちょっと気になってる方のために書いてみます。
2016に出たマロッシのケースについて。

ワタシが使っているのはC-ONEケースで

駆動・ギア・ギアカバー・シリンダー・チャンバーの取り回しは全てピアジオ系のものになります。

逆にハンガー位置・リアサス位置、リアホイールシャフトはヤマハの物になるのでホイール等はヤマハ用になります。

要はエンジンマウントとホイール以外は全部ピアジオ系ということですね。

何がいいのかって、
同じような部品を使っているのになぜか駆動のセット等が安定します。
キャブレターが標準のハンガーを使っても後ろ向きになります。
リードバルブがでかくなります。
駆動のタレも平気になりました。
ミナレリケースで無理するよりいいっぽいです。

でも問題があります。
今はチャンバーの取り回しが無理すぎてバンク角が全然ないのでこまりもんです。
リアブレーキがグリメカ(ヤマンボサイズ)だとシグナスドラムより全然効きません。
なので先日ポリーニキャリパーを買ってみました。

今年はこれらを解決するのが課題で、サスペンションも現在難アリなので検討中です。

目指せ秋ヶ瀬28秒台です。

 

POLINI 削りだしキャリパー

私のRC-ONEエンジンにつくのかつかんのか知らんけども買ったったwww

ワタクシR&D40㎜厚ハブにFrisoniホイールを装着しております。
注意点はブレーキディスクの穴がM8になること。(純正はM10)

そこにBrembo RCSで純正系Grimecaブレーキキャリパー(要はヤマンボ)にマロッシパッドで地獄を見てデイトナゴールデンパッドでフェードを経験し、オノレ~足りん!と、そうしてたどり着いたのがこちら

POLINI Brake Caliper Rear MBK Nitro/Aerox 050.2241

旧カニサイズピストン32㎜ってのが惜しいところだけど、まぁ、ヤマンボよりは期待できるかと。

効果は未知数。 そもそもパッドが特殊でこのパッドが効かなかったら・・・ コエーwww

ホーム > Bw’s

カレンダー
« 2017 年 10月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Return to page top