Home

GRANDJOG100 制作日記

QR50 フロントOH

  • 2017-03-18 (土)
  • QR50

フォークからグリス漏れ漏れ、ステムカクカク。。。
エンジン走らないなら全然いーや だったけど、走るならばちゃんとしとこっかなー

ってことでOH決定。

ベアリングを取り寄せてみました。


NTN 24x41x12.5 上下2セットとオイルシール

 

レースが入るのがこんなもんなんだけどいいの?とか思いながらテーパーローラーベアリングを投入

ステムナットとトップブリッジのナットでダブルナットすればいいんじゃないかと予測。

 

フォークをばらしてお掃除&シールとか換えつつインナーはボンスターでしこしこします。

左フォークにだけバンプラバーがありました。
少しでも硬くしたいので、S-1の景品でもらったGleitmo 805を突っ込んでみようと思います。バンプ両方にいれてみたい。

今日はここまでw

メモ。
QR50 ブレーキシューは デイトナシュー Front 71594 Rear 60214 みたい

QR50 でスーパーモトクラスに出よう

  • 2017-03-09 (木)
  • QR50

去年のS-1GPの中で、ターミネータークラスにたまたま枠があるということで、お借りして乗ったQRが楽しくなっちゃってつい購入。

5万円也。 このクラス2017からはスーパーモトクラスと名前が変更になりました。

ということで買ったそのままで2017 3/5のスーパーモトクラスにエントリーしてみたものの
さすがノーメンテ。全然遅くて話になりませんでしたが一周目だけサムさんとバトルできて楽しかったですwww 結果6位

競って遊ぶために買ったから、やっぱり競れるところまでコンディション回復したいよね
つーことで残念ながらお金をかけてしまいました。。。
ピストンキット 8700円
曲がってて白煙しか吹かないマフラーを新品に 18200円
フロントフォークシールとフォークパイプガイド 1955円
削ってあったフロントフェンダーを新品に 3500円
QR50用 MONSTERステッカーキット6030円
シリンダー&マフラースタッド 13870円
あーあ。 もう合計で10.25万円使っちゃってるよ… PW買えばよかったか!?

てのはまぁ置いといて、さっさと走るように点検します。


ピストンキットはこんな感じに届きました。

フォークガイドはこれね。品番メモ用写真です。

小さいので部屋に突っ込んでオペを始めます。

 おや?BR8ESとか謎プラグがINしてました。飛び出しております。
純正はBPR4HSですので、さっさとポイします。

ピストンもこんなん。

シリンダーがギザ10みたいになってるやないかいwww

シリンダーが指で触ってわかるほどに縦線バリバリ! やったぜ!
これははしたない。 だらしがないシリンダーですw

駆動のオイルはキレイなもんでしたが、とりあえず、もっているMOTUL 300V 0w-20でも入れとこうと思います

白煙吹きまくり詰まりまくりは嫌なので、混合にします。 ポンプ取っ払ってNSR用の22㎜シールプラグがぴったりなので突っ込んでおきました。

ブレーキシューはまだ平気、タイヤはいつのかわからないけど先日走ったらまだ温まると柔らかくなるようだったのでそのまんまGoしちゃうよ

2fastマシンは徹底して管理してますけど、こっちは逆の意味で徹底していますよ?
やっぱノーメンテでキモチよく走るには新車ってことっすねw

安物買いの銭失い寸前ですが復活させちゃいます。クランク芯だしとか・・・絶対しないつもりw

つーわけでエンジン関連は完成♪ あとはグリスダダもれのフォークだー

Maxima リチウムイオンバッテリー

今までずっとSHORAIバッテリーを使ってきましたが、
専用充電器であったり、使い切ると復活不能だったり、そもそも保障があってないようなポンコツサポートらしいので、しかも持っているのが専用充電器なので、いつもあきらめて買い換えてきました。

しかし、、、これはいい加減ちょっとアレだなぁ…とか思っていたところへ彗星のごとく現れたバッテリー!!

Maxima Lithium ion battery &リチウムイオンバッテリーチャージャー

 562.5g!
Bw’s純正サイズで、5L-BSサイズでむちゃくちゃ軽いです
なのにさらに!!!

レースなのでもっと小さいサイズだとコレ!!4L-BSサイズだと363.5g!
これは良い♡ おススメです

バッテリーはこから買えます

充電器は3タイプあるらしく

スタンダード

マルチタイプ

リチウムイオン専用


私はリチウムイオン専用とどちらにも使えるマルチ充電器両方があります

 

一応、今使っているSHORAIは少し小さいサイズにしてて447g程でしたが、そのうえをいく363.5gがあるのでの乗り換えます♪

SHORAIのバッテリーってば、専用充電器を使って、サーキットで発電機で充電しようとするとエラーばかり出てうまく充電できないこともたびたび起こりました。寒いときは特にでしたね。だから、充電は安定した家庭用コンセントである必要があること、あるとき突然いきなり死ぬということを考えたら。。
私はサーキット使用がメインですが、このマキシマバッテリーってばサポート体制が凄いっぽい コレ 保障期間は12か月

コレおススメできちゃうっすね。 持ちが良いか等はまた書き足していきますね

2017 3/5 S-1GP 開幕戦

今年もやっとシーズン始まりました。
リアのディスク化に伴い、今回はサスペンションも2fastの改造したSHARKに変更
長さは325㎜でしたが削っていただいて320㎜にしてみました。

バネがとても太くなり、それに合わせて減衰も効くようになっています。
思ったより硬く、粘るのですがセットがまだ出せてないのでこれからいろいろ試していこうと思っています。

今回は、前のパッドをメタリカからエナージュメンに変更してみたら練習走行でフロントのフィーリングも変わり少し戸惑い、リアブレーキのポリーニ+セミメタルパッドは恐ろしいまでに効くのですぐロックしてしまい、慌ててフロントだけでもと以前のメタリカに戻しました。

2fastサスペンションは高速域でバツグンですが、低速域でのしなやかさを出すには圧側のセットをもっといじって試す必要がある感じ。硬めにすると、ストローク半分くらいまでしか使いません。スゲー効きです。
ふと妄想ですが、減衰ちゃんと効く調整幅を持たせた感じにして170LB~180LB位がワタシにはいい感じっぽいです。

そんなことを本番当日にやってるもんですから、そりゃータイムも出ませんよね。
つーか転ばないように走るのに必死っていうポンコツっぷり。
みる?w

エンジンはちゃんと走ってるのに全然コントロールできないでやんのw
そのうち足が仕上がった頃見たら、笑える動画になりました。

結果は予選2位 決勝2位

足とブレーキに思いっきり課題が残るレースとなりました。

一方、今年からちゃんと参戦しようと中古のQR50を購入し、そのまんまの状態でスーパーモトクラスに出てみたら、全然ストレート遅くて話になりませんでしたw

とりあえず一周目だけ佐野さんとバトルして、結果6位っつーことで、次戦はもっと競れるようにQRも仕上げちゃおうとおもいますよっ

終わった後はコレな♡
回を増すごとに台数も増えて、もはやダメだと止めるより安全に使ってくれって言う方が正解だと思うミニセグウェイで遊んでみた図

私のリアブレーキ ~まとめ~

以前はリアブレーキに、マスターをブレンボRCS + フレンチューボ2000㎜+純正ハブを用意したものの奥行が38㎜だったのと全体の重さを考慮してR&D italy で奥行40㎜のR&D 190㎜ディスクにGrimecaキャリパーにFrisoni wheelという組み合わせで2016年を走りました

とりあえずは充分なんですが、パッドはヤマンボと一緒です。マロッシのパッドでは全然ダメで、デイトナゴールデンを入れてみていい感じになりつつあるも、なんとなくモアパワーを欲した私は、、、

Brembo RCS+Frentubo+2fast hub+Shark wheel+polini 202mmdisk+polini caliper
という、現時点での最高スペックを投入してみることにします。

具はこんな感じ
ブレンボRCSマスターは距離も変えれて、


KOHKENのエアロレバーを入れて使いやすくなりました。
フレンチューボのホースはステンメッシュホースに比べてとても軽く、しかもさらにカチっとしてとても良いです。


ポリーニのキャリパーは削り出しで、ピストンは旧カニと同じ32㎜なのでGrimecaより期待できます。


使うパッドは値段が高けりゃ偉いんじゃないか?ということでセミメタルをチョイス。


合わせるディスクはこのキャリパーを使うなら使えるようになる202㎜ 4㎜厚、穴はM10の物。


2FASTのハブはR&Dの物と独自の物を合体させたもので、ディスクがM8ボルトになるので


低頭ボルトでM10ディスクを使えるようにモトクエストさんちでボルトを作ってもらいました。

 


削りだしのスイングアームは剛性もあってTORSEN WD swing armよりいい感じです。


なかなか仕上がってきました。
ただ、キャリパーとホイールのクリアランスが1mmないのでレースでたわんだ時が心配です(笑)

今までドラム式ブレーキで頑張ってこれたのは、以前のモトクエストさんちで作ってもらったシグナスドラムブレーキを使える加工がただつくだけではなく、タッチもハンパなくいいので、それを超えるものを!ということで、ここまで来るのにだいぶ時間とお金を費やしました

高くついたなぁw

malossiケースについて

会うとよく聞かれるので、ちょっと気になってる方のために書いてみます。
2016に出たマロッシのケースについて。

ワタシが使っているのはC-ONEケースで

駆動・ギア・ギアカバー・シリンダー・チャンバーの取り回しは全てピアジオ系のものになります。

逆にハンガー位置・リアサス位置、リアホイールシャフトはヤマハの物になるのでホイール等はヤマハ用になります。

要はエンジンマウントとホイール以外は全部ピアジオ系ということですね。

何がいいのかって、
同じような部品を使っているのになぜか駆動のセット等が安定します。
キャブレターが標準のハンガーを使っても後ろ向きになります。
リードバルブがでかくなります。
駆動のタレも平気になりました。
ミナレリケースで無理するよりいいっぽいです。

でも問題があります。
今はチャンバーの取り回しが無理すぎてバンク角が全然ないのでこまりもんです。
リアブレーキがグリメカ(ヤマンボサイズ)だとシグナスドラムより全然効きません。
なので先日ポリーニキャリパーを買ってみました。

今年はこれらを解決するのが課題で、サスペンションも現在難アリなので検討中です。

目指せ秋ヶ瀬28秒台です。

 

POLINI 削りだしキャリパー

私のRC-ONEエンジンにつくのかつかんのか知らんけども買ったったwww

ワタクシR&D40㎜厚ハブにFrisoniホイールを装着しております。
注意点はブレーキディスクの穴がM8になること。(純正はM10)

そこにBrembo RCSで純正系Grimecaブレーキキャリパー(要はヤマンボ)にマロッシパッドで地獄を見てデイトナゴールデンパッドでフェードを経験し、オノレ~足りん!と、そうしてたどり着いたのがこちら

POLINI Brake Caliper Rear MBK Nitro/Aerox 050.2241

旧カニサイズピストン32㎜ってのが惜しいところだけど、まぁ、ヤマンボよりは期待できるかと。

効果は未知数。 そもそもパッドが特殊でこのパッドが効かなかったら・・・ コエーwww

2016 12/25 モトチャンプ杯 モトエクストリーム

2016最後のレースはモトエクストリーム!

KN企画さんちのRaptor 70×2=140cc がデビューするということで
2st一筋にやってきたワタシとしては参加せねばなるまいて。

ということで来期用エンジン RC-ONE 2fast  tune を投入
まっすぐは私のも相当速いと思う仕上がりなんですが、今回はチャンバーの位置とサスペンションとブレーキが課題となりました。

来期までに解決して来年も楽しく走りたいと思います

TA予選2位 予選2位 決勝2位


Raptorには及びませんでしたが 自己ベストは更新できたし、課題を克服できたらと思うと光も見えてきました。

2FASTは最高です! ワタシの1気筒100㏄でもここまで仕上がるんだと再認識できました
これからも2FASTで戦っていきます!!

 

私のオンボードはこちら

そんなわけで2016のレースはこれですべて終了となりました。
2017からもかっとばすよー!
幸か不幸かワタシと関わってしまった皆様、今後ともよろしくお願いします

2016 9/4 MTC S-1GP R5

午前中日が出ていると暖かいけど、雲がかかってきて薄暗く感じると風も出てきてどんどん寒くなる
DRYだけど相変わらず山のような天気の日

dsc_1305

さて、前日のテストで、新型プーリーの調整をしていると、
どうもおかしな挙動が抜けないなーと思って順番に各部を点検。
リードバルブを取り換え、マニホが亀裂入っていたので取り換え、キャブの掃除と針の取り換え、
焼けを見て寒くなったしジェットを上げて合わせていって、マフラーの排気漏れをチェック・・・
・・・でも直らない・・・

なんでーーーーやねん。

まさかの頭か・・・!?(腰上)と、マフラー側から指突っ込んで見てショウゲキ
指の腹に本来平らだったその場所に、何度触っても確かにある無視できないセツナさww

そう、ピストン変えないとダメなやーつ えー夜中だよー 前日だよー

バラシてみるとピストンよりやべ~やつがそこにいました。
ナニコレ? 穴?www
dsc_1316dsc_1317
シリンダーのメッキがすげぇところから剥げてるじゃないですか・・・(涙

その時すでに夜中の2時半

慌てて一時帰宅してシリンダーごとお取替えスタート。予備一基持っててよかった…

スキッシュを前回のセットに合わせるのに苦労しつつ、どうにかこうにか組み終え、風呂に入っていく準備整えたら走行テストへもう一度…

時計を見るともう5時すぎ・・・ うん、無理w
片道二時間の茂原ツインサーキットへのみちのり考えたらすでにギリギリなので断念して

現地でエンジン始動に成功。
改めてプラグの焼けみてジェットを調整。
朝の公式練習 新型プーリー 7x3 6.6x3 14000以上回っちゃってちょっとハズしてる
予選 旧型プーリー 5x5 4.7x1 12500までしか回らないけどとりあえず35.9で2位

dsc_1312
パワーバンドは13000なんですけどー(涙
なんで回らないのだ!? と思って駆動をバラシ始めると、まさかの事態発生

リアプーリーのねじ舐めたっwww

そこに神光臨。 広野さんが2FASTのリアプーリーを持っていた!!wwww
マジで?w ふつう持ってないよね?www

任意走行は新型を今一度。7x5 6.6x1 惜しい 実に惜しい 行って13000位 もうちょい軽いほうがイイのか?

でもなんか様子おかしかったなぁ…と話していたら、なんと広野さんいわく動きが渋くて、ちゃんとキックダウンしないから外しちゃったから持っていたそうで ・・・あぁ、どうりで。。

ちょっといじってみていいですか?と、グリスをやっこいマロッシの物に変えたり、オイルシール変えてみたりしたけどシールは元のやつが一番よくて、(2FASTはマロッシのものと共通でした stage6だと動きはさらに渋くなります) 全国の時におかしくなったリアプーリーと同じ感じにwww

そんなわけで決勝はそのまま行こうと一度はふたをしめたもののやはり、妄想セットの新型プーリーで7x4 6.6x2なんて感じでもしまた外したら切なすぎるから 今回はとりあえず午前中調子のよかった旧型を使おう。てなわけで旧型をスライドピースを新品に+借り物リアプーリーで決勝に臨みます。

パワーバンドに入らないが安定しています!www
…安定してパワーバンドに入らないって・・・www

ナニコレ 普通のバイクじゃんっ! おっそ・・・ w
仕方ないからコーナーを攻めるよりもスピードノセノセ走法に切り替え、各コーナーノーミスを目指します。
こうなるともう、いつもとは全く違う自分との戦いに久しぶりだなぁと、メットの中でキモくニヤついてました

暴力的なパワーを乗りこなすために各部のパーツをアップグレードし続けてきました。
そのため足周り最重視だったのですが、フロントフォークもOHしてこなかったし、メットインボックスが砕けへなへなになってからはきづかないうちにずっと悩んでいましたが、フォークOHして、ボックス新品に変えたらカチっとしてサスの挙動がむちゃくちゃわかりますwww あとはステムやろっと。

とか思ってたら、、、、今度はエンジンが走りませんwww

dsc_1314

俺の2016 ポンコツ。

新型CVT FR4はいいよ。 うん。

 

2016 scooter meeting in Circut Akigase

S-1系の方や、知ってるレーサーの方たちも、前夜祭から突入酒盛りとのことで私もイッテQ

dsc_1036 dsc_1033

アクセルさんたちにはお肉とお寿司を頂き、R5さんではお酒とお肉を頂きました、この場を借りてごちそうさまでした ありがとうございます。
酒の席での話ですが、早くなりたいこととサーキットでの心がけを含め、ヨッチャンの大木塾が開設されることになりましたw
先日のmalossi day を戦っていたJURANくんやお父さんにもあえて嬉しかったです♪

そして寝床を作るために、荷卸ししてたらその時点から売れ出し、当日朝にはだいぶ商品が減っていました。
毎年本当にありがとうございます♪ でも食いつきめっちゃ早いよー!www

dsc_1041 朝にはカラッと晴れて気持ちのイイ日になりました

デモランでは去年のスクミで私からエンジンを購入いただいたゴピ澤くんがついにマシンを完成させてきたので一緒に走れることに

115122

2FASTをこよなく愛してくれています。ついにはポロシャツを作り始めて渡してくれました
きゅんきゅんしましたねw
とてもうれしいです

レースのほうは、私は残念ながら途中で駆動の調子がおかしくなりリタイヤ
ゴピくんはアクセルワイヤーが外れてリタイヤ

わはははは 二人ともしょーもなっ

って感じでした。 二日を通して皆さん、本当にありがとうございました

Home

カレンダー
« 2017 年 4月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Return to page top